Amazonの発送代行とは?値上げ続きのFBAと比較して安い業者へ依頼しよう

Amazonで中古メディア販売を行っている方がよく利用しているのが発送代行のFBAです。FBAの手数料が度々値上げしていることで、利益が少なくなったとお悩みではありませんか?

ここでは、FBAと比較して料金が安い発送代行サービスについて詳しくご紹介します。Amazonで中古メディア販売を行っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

AmazonのFBAと比較して安い発送代行サービス

配送中のトラック

Amazonでの中古メディア販売で人気のサービスがFBAです。しかし、AmazonのFBAは、度々手数料を値上げしていることから、比較的料金の安い発送代行サービスが注目を集めつつあります。

発送代行サービスとは、AmazonのFBAなどの代わりに、梱包や発送などの物流業務を行うサービスです。国内には大小様々な発送代行業者が多数存在しています。

発送代行業者によってサービス内容や料金が大きく変わりますので、出荷個数や取り扱い商品に合わせて、最適なアウトソーシング先を選ぶことが重要です。AmazonのFBAを含めた複数の発送代行業者を比較して、料金の安い業者を利用することが利益向上につながります。

物流アウトソーシング・発送代行サービスを利用するメリット

物流アウトソーシング

Amazonでの中古メディア販売に関する物流業務を、物流アウトソーシングや発送代行サービスに任せるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

運営だけに集中できる

商品の販売には、商品の仕入れや販促、受注や発送、在庫管理や顧客対応など、様々な作業が必要となります。

物流アウトソーシングや発送代行サービスを任せることで、利益を生み出す運営だけに集中することができます。

在庫管理が不要

商品の在庫管理も手間と労力を要する作業です。物流アウトソーシングや発送代行サービスを利用すると、仕入れた商品をそのまま業者の倉庫に納品することができます。また、売れた場合は直接業者の倉庫から発送してもらうことが可能ですので、在庫管理の手間が省けます。

物流業務の人件費が不要

ピッキングや梱包、発送などの作業を任せることで、コストの中でも大きな割合を占める物流業務に関わる人件費を節約することができます。

コストダウンが図れる

物流アウトソーシングや発送代行サービスでは、保管費用や配送費用なども抑えることができます。ほとんどの発送代行業者は大口契約を結んでいるため、小口契約と比較しても1個あたりの送料が安くなり、手数料を考慮してもコストダウンできることは珍しくありません。

固定費を変動費化できる

AmazonのFBAや自社で発送を行った場合、物流業務の人件費の他、商品を保管する倉庫代などが売上に関係なく固定費として毎月のしかかってきます。

しかし、物流アウトソーシングや発送代行サービスでは、売上や発送量に応じて変わる変動費となるため、コストの削減が期待できます。

発送代行サービスを利用するならしろくま発送代行にお任せ

物流アウトソーシングや発送代行サービスの利用をご検討中の方は、しろくま発送代行へぜひご依頼ください。サイズ制限や手数料の値上げ、手間の増加など、配送環境の悪化に関する悩みを解決するお手伝いをしています。

配送コストの見直しをお考えの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。今ご利用されている発送代行業者がある方は、一度しろくま発送代行のサービス内容と料金を比較してみてはいかがでしょうか?

Amazonの発送代行業者をお探しの方はしろくま発送代行へ

会社名 合同会社しろくろ
代表者名 高幣秀之
住所 〒116-0014 東京都荒川区東日暮里2丁目34−1
電話番号 050-5373-6327
URL https://amazondaiko.com/
PAGE TOP