特約ゆうメールのサイズ厳格化・配送料値上げ・規格外ゆうメールの廃止をどう乗り切る!?

2017年~2018年にかけて、日本全体で配送料の値上げが話題になりました。人手不足を背景に、大手3社の宅配料の値上げ、その他様々な配送サービスが値上げされ、ネット通販の事業者には厳しい環境変化が続いています。

そんな中、今回は特約ゆうメールの環境悪化について取り上げます。また、そういった時代の変化に着目し、一つの選択肢として登場した発送代行サービスのメリットについてもご紹介します。

特約ゆうメール利用者は環境激変!値上げ・サイズの厳格化・集荷廃止も!?

糸で作られたトラックとお金のアート

古本などのメディア販売を行っている事業者の方は、特約ゆうメールの契約をされている方も多いかと思います。そんな中、2018年は宅配便、特約ゆうメールの大幅な値上げがあった年でした。

また、値上げだけではなく、これまでは多少アバウトなところがあった厚さや重さに関しても厳格に計測されるようになり、厚さ2cmを超える商品などが特約ゆうメールでは送れなくなってしまったという声も多く耳にします。

そして追い打ちをかけるように、2018年9月にはゆうメールの規格外サイズが廃止になり、厚さ3cmを超える商品の格安発送手段はほぼなくなってしまいました。

こうした環境の中、特約ゆうメールを使い続けている事業者の方は、厚さによって、2cmまでは特約ゆうメール、2cmを超えて3cmまではクリックポスト、3cmを超えたらレターパックプラスという風に複数の配送方法を使い分けているのが実情です。

また、上記の厚さ基準に加え、クリックポストは重量1kgを超えると使用できないなど重量基準も考慮する必要があります。商品出荷に関しては、配送料の値上げだけでなく商品ごとに配送方法を判断する手間もかかり、大変な負担増となっているでしょう。

こうした変化だけでも事業者にとっては大変ですが、日本郵便としても特約ゆうメールに関する採算割れを様々な観点からなくそうとしており、発送数が少ない事業者に関して集荷廃止を通告するケースも出てきています。特約ゆうメールを契約していても、集荷廃止ともなればわざわざ郵便局へ大量の出荷商品を毎日持ち込まねばならず、これも大変な負担増です。

このような配送環境の激変の中、事業が立ちゆかずに廃業する事業者も後を絶ちません。そうした事態を避けるために、ネット通販がメインの事業者にとっては、安定的な出荷体制の確保が今後の重要な経営テーマになってくるのは間違いないでしょう。

発送代行サービスのメリットとは?特約ゆうメールの環境悪化や規格外ゆうメールの廃止にお困りの方必見!

倉庫に積まれた出荷前の荷物

特約ゆうメールの値上げやサイズの厳格化、規格外ゆうメールの廃止で発送が厳しくなってしまった場合は、発送代行サービスを利用するのも一つの方法です。

発送代行サービスには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

毎日の出荷業務がなくなる

発送代行サービスを利用すれば、一度商品を納品してしまえばその後の面倒な作業はすべて代行してもらえます。商品の厚さや重さごとの配送方法の使い分けや、毎日決まった時間の出荷作業からも解放されます。

時間に余裕ができることで、仕入れに時間を費やすことができ、さらなる利益につながるはずです。

配送コストが安くなることも

発送代行会社は大口契約により、多くの場合格安の送料契約を持っています。

また、価格だけでなく、配送可能なサイズに関しても交渉の上で契約ができるため、通常の契約では送付できないようなサイズの商品が格安で送付できることもあります。その結果、発送代行サービスを使ったほうが、自社配送より安くなることも少なくありません。

保管スペースが不要

発送代行サービスでは商品を保管してくれるので、在庫を保管するスペースが必要ありません。今まで在庫のために広い部屋や倉庫を借りていた方も、小さな部屋で作業が可能となり、コストを抑えることができます。

作業量の急な増減にも対応できる

商売をやっていると、仕入れが多い時期、出荷が多い時期など、どうしても仕事量のバラツキが生じます。従業員を雇用していてもいなくても、こうした作業量の増減に対応するのは簡単ではありませんが、出品代行・発送代行などの外注を利用すれば、こうした作業量の増減に振り回されることもなくなります。

商品の発送はしろくま発送代行にお任せ!特約ゆうメールで厚さ3cmまでOK!

特約ゆうメールの値上げやサイズ厳格化、規格外ゆうメールの廃止などにより配送にお困りの方、また商品の保管スペースなどでお困りでしたら、しろくま発送代行にお任せください。しろくま発送代行では、大口契約により特約ゆうメールで厚さ3cmまでの商品を格安で発送可能です。発送代行業で8年以上の実績があり、オペレーションに関しても安心してお任せいただけます。

2019年6月より、古本などの中古メディアの出品代行も始めましたので、商品の保管からピッキング・梱包・出荷通知・メール対応はもちろん、検品から出品まですべて代行いたします。ぜひご利用ください。

特約ゆうメールのサイズ厳格化・値上げにお困りの方はしろくま発送代行へ

会社名 合同会社しろくろ
代表者名 高幣秀之
住所 〒116-0014 東京都荒川区東日暮里2丁目34−1
電話番号 050-5373-6327
URL https://amazondaiko.com/
PAGE TOP